家庭で簡単に食べるのに適している牛肉の部位は?

家庭で簡単に食べるのに適している牛肉の部位は?

自宅で牛肉を使って料理する場合、どのような部位があるのか、肉の部位や焼き方について詳しくないという方は多いでしょう。
家庭料理や家庭で簡単に適している牛肉の部位はどこかなどの基礎知識を身につけておくと、美味しく焼けたりスムーズに購入することができます。
部位に合わせた料理をしないと、せっかくの肉の美味しさが半減してしまいます。
お祝いごとや特別な日に食べる料理の一つに、家庭料理の定番の「すき焼き」があります。
肉と野菜のうまみを味わえますが、脂身が少なくてヘルシーな赤身肉のモモや脂肪が程よく乗っている牛肉特有のコクのある風味が楽しめる肩ロースがおすすめです。
子供が大好きで母親の味ともいわれるビーフシチューでは、長時間煮込むことによってとろけるような口当たりに仕上がるすね肉やすじ肉が適しています。
同じ牛肉でもその種類はさまざまであり、家庭で使いやすくて料理しやすい部位を把握すると、それぞれの魅力を最大限に引き出すことができます。

牛肉はバラ肉は美味しくて使い方がいろいろある

牛肉は栄養が良いですし小さなお子さんから年配の方までおいしくいただけるお肉です。
しかし、牛肉は「高級品」としてのイメージが強くすき焼きや焼肉は頻繁に食べられるものではありません。
中には、給料日や結婚記念日やお正月などにしか食べない、という方もいるようです。
では、美味しい牛肉をもっと頻繁に食べたいと思うのであればどうしたらいいでしょうか?それはバラ肉を購入することです。
バラの牛肉は、スーパーなどで比較的安くで手に入れることが出来、お店によっては100g200円程度で販売されていますが、安い上に使い方はいろいろあります。
例えば、お肉をメインで食べたいのであれば牛丼がおすすめです。
砂糖とお醤油とお酒を入れて、少し甘めに味付けをした牛丼は最高です。
紅しょうがとねぎを散らすなら一層豪華で栄養満点です。
ほかにも、肉じゃが、カレー、コロッケ、すき豆腐、ハヤシライスなどいろんな料理に大活躍できます。

牛肉に関する情報サイト
牛肉の部位に関する豆知識

このサイトはおいしく食べるために知っておくべき、牛肉の部位に関する豆知識と調理法を紹介しています。それぞれによって異なる美味しい食べ方がきっと役立つはずです。お中元やお歳暮などに最適な牛肉の種類やブランドも解説しています。人に差し上げるときにどれを選ぶべきか迷った時に役立つでしょう。家庭料理や家庭で簡単に食べるのに適している牛肉に関しても触れているので、これを知ればよりおいしく食べられるはずです。

Search