お中元やお歳暮などに最適な牛肉の部位やブランドとは?

お中元やお歳暮などに最適な牛肉の部位やブランドとは?

日本にはお世話になった方や恩師、会社の上司などにその感謝の気持ちを伝えるためのお中元やお歳暮と言われる慣習があります。
年賀状と同様に、挨拶代わりに粗品を贈るのです。
ただ目上の方に贈るので、失礼があってはいけません。
高価な食べ物や日用品、美酒にビールなどを贈ることがほとんどなのです。
なかでも高級牛肉を贈ることは、最大の感謝の証と日本人なら捉えます。
それゆえお肉のブランドや部位選びは慎重を極めると言えるのです。
もし40代や50代のファミリー層であれば、神戸ビーフや但馬牛などのステーキ肉で、サーロインやリブロースがお勧めです。
それよりももっと高齢である場合には、脂身が控えめなヒレや肩ロースなどで松坂牛や近江牛などのブランドの和牛をお贈りすると良いでしょう。
それらに合うワインも一緒に贈れば、これ以上の中元歳暮はないでしょう。

牛肉でよく聞くサーロインはどこの部位なのか

牛肉を選ぶ時、サーロインというように明記されていることがあります。
特にクリスマスの時期になるとスーパーなどでも並ぶようになります。
牛肉には様々な部位があり、ロースは肩ロースなど3つから成り立っています。
その中にはサーロインも含まれており、ロースの仲間ということになります。
場所は背中の中央部であり、適度に脂肪が入り込んでいるので、大変柔らかい特徴があります。
さらに上質な脂の甘味を感じることができ、肉本来の味を楽しむこともできます。
また高級な部位として知られるヒレから見るとヒレの外側にある肉であり、輸入された牛肉と和牛とを比べると和牛の方がサシが入りやすくきめ細やかで、表面がとても綺麗です。
赤身の肉と脂身の白色が大変美しく、上質な肉であればあるほど口の中で溶けるほど柔らかい食感になります。
これは脂の融点が低いためであり、人の体温によって溶け出すからです。
このようなことからステーキにすることが多く、近年ではローストビーフにすることもあります。

牛肉に関する情報サイト
牛肉の部位に関する豆知識

このサイトはおいしく食べるために知っておくべき、牛肉の部位に関する豆知識と調理法を紹介しています。それぞれによって異なる美味しい食べ方がきっと役立つはずです。お中元やお歳暮などに最適な牛肉の種類やブランドも解説しています。人に差し上げるときにどれを選ぶべきか迷った時に役立つでしょう。家庭料理や家庭で簡単に食べるのに適している牛肉に関しても触れているので、これを知ればよりおいしく食べられるはずです。

Search